よくあるご質問

cekinecoについて

テレパス、エンパスとはなんですか?

テレパス(Telepath)は、超感覚や一種の超能力と呼ばれ、感情的共感(相手の感情を読み取る)、理性的共感(相手の思考を読み取る)をができる能力です。言い方は人によって異なり、霊視、透視などと表現される場合もあります。

ちなみにテレパスは物理的に離れていても発揮できる能力です。

一方のエンパスは、物理的な距離が近い(会っている)状態で発揮できる能力で、意味合いはテレパスとほぼ同じです。

テレパスやエンパスは相手の感情や思考を読み取ることに強さがありますが、他にもたくさん強さがあり、一例を挙げますと、心理学や人相学、筆跡学など、何年も何年も深く勉強しなくても既に知識として備わっていることが多かったり、他者が乗り越えなければいけない壁や分かれ道を、既に自分自身が経験をしたような感覚を味わうことができるため、Aの道に進むとこうなり、Bの道に進むとこうなる、というお話ができる、などがあります。

チャネリングとはなんですか?

チャネリングとは、高次の霊的存在・神・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達と表現されています。(Wikipediaから抜粋)

少し難しいと思われる方もいらっしゃると思いますのでもっと分かりやすくご説明をしますと、「相手の心や思考を覗かせてもらい、メッセージやキーワード、ヒントを感じ取ったりすることができる能力」です。

チャネリングはチャンネルの合わせ方により感じ取れることが異なり、場合によっては相手が痛めている箇所と同じ箇所を自分の身体で味わうことができたり、相手の本質や潜在意識を知ることができます。

エンパス、テレパスとも近い意味合いがあると思っていますが、すべてをバランスよく用いていくことで自分自身の身体に負荷がかかりすぎないようにコントロールしたり、チャネリングでは分からない部分をエンパスやテレパスで感じ取っていくこともあります。

クライアントの状況やタイプ、cekinecoの体調やエネルギー残量によって使い分けをしています。

一番得意な相談ジャンルはなんですか?

恋愛、人間力や人生観、仕事、人間関係はとくに得意としています。

またエンパス、テレパス、チャネリングに関しては、どのジャンルが得意不得意という扱いはありません。

なぜこのような仕事をされているのですか?

端的に言えば、それが自分のできることであり、宿命でもあると思っているからです。

「人を愛することができない人は、人からも愛されない」

「人を幸せにすることができない人は、自分も幸せになれない」

これらの法則を強く実感していますので、自分自身が心の豊かさや幸福感を味わっていけるようになるためにも、自分にできる協力をさせていただきたい、と思ったためにこのような仕事を始めました。

cekinecoさんは現実主義ですか?空想家ですか?

圧倒的に現実主義者です。

しっかりと理性を持って分析すること、読み解くことを信念としています。空想家を否定することはしませんが、地に足をつけ、足場をしっかりと固めていかなければ「机上の空論」のような感覚になってしまうことが多いかもしれません。

ただし、理性で現実的に考えた上でそのルートを空想したり、その世界を楽しむことは精神のバランスを考えたときには良いことだと思っています。

楽しいのは空想のほうかもしれませんが、人生も悩みも苦労も困難も、すべて現実ですからねぇ・・・

セッション全般について

メール相談はできますか?

申し訳ございませんが、現在新規でのメール相談メニューはご提供しておりません。

自分を変えていく、問題を改善していくためには行動することが必要不可欠ですので、勇気を出してぜひ対面セッションもしくは電話セッションをご利用ください。

メール相談ではありませんが、一部遠隔レポートのメニューをご提供しておりますので、どうしても対面セッションや電話セッションが難しい方はそちらをご利用ください。

セッション内容を録音しても良いですか?

申し訳ございませんが、セッション中の録音、録画はご遠慮いただいております。

ただしお伝えした内容をメモしていただくことは可能ですので、記録はメモでお取りください。

月に何回まで、というような制限はありますか?

とくに制限は設けておりませんが、依存をしてしまうのは良くないことですので、トレンプルカウンセリングは1ヶ月に最大4回、その他のメニューは1ヶ月に1回程度に定めておくほうがよろしいかと思います。

依存心が強く、心の豊かさや幸福感から遠ざかっている場合にはこちらからその旨お伝えすることもあります。

クライアントにとって本当に良いことを考え、それをお伝えしていくことが責務だと思っていますので、cekinecoのセッションに限らず、占い、スピリチュアルなどに依存しすぎないようにご注意ください。生きているのは現実世界です。

お叱りを受けることはありますか?

ご自分の心の甘さ、弱さを認知している場合にはお叱りや喝を入れてほしいと仰るクライアントもいらっしゃいます。

ただし、cekinecoの感情論で何かを申し上げることや何かを押し付けるようなことは一切行ないません。すべて理にかなっていることをご説明した上で、「こう考えたほうが良い」「この考え方は良くない」ということをお伝えすることはあります。

好かれたい心はあるのでずっとえびす顔でニコニコ聞いて受け入れたい気持ちがないわけではありませんが、すべてはクライアントのためになるかどうか、で判断することにしています。

セッションを受ける上で注意事項はありますか?

免責事項・ご利用規約」に記載しておりますので、お申し込み前に必ずご一読ください。

 

その他ご不明な点がございましたら「お問い合わせ」よりご連絡をお願い致します。